Google+ もご覧ください
ユーザーアイコン

cocos2d javascript bindingsでマルチプラットフォーム開発

第一回 cocos2d javascript bindingsってなんだ?

Seasons

第一回 cocos2d javascript bindingsってなんだ?

cocos2d jsbの機能

cocos2d jsbを利用する前に押さえておきたいのがその機能です。ざっと上げるだけでも以下のようなものがあります。

  • cocos2d v2.1で正式搭載
  • Objective-C,Cの資産を利用可能(JavaScriptから呼び出し可能)
  • javascript bindingsのコードを自動生成するスクリプトが付属
  • カスタマイズ性の豊富さ
  • JavaScript上でネイティブオブジェクトのサブクラス化(これによりJSからcocos2dのクラスが全て利用可能に)
  • Callbackのサポート

cocos2d jsbのメリット、デメリット

cocos2d-iphoneやcocos2d-xを使って開発する環境もかなり成熟しており、JavaScriptでコーディングしなくともコーディングしやすい環境であることは確かです。筆者もそこは否定しません。cocos2d jsbのメリット、デメリットを把握しておくことで果たして自分がやりたいことがjsbでやるべきなのかどうかも見えてくると思います。

メリット

  • cocos2d用サードパーティツールとの互換性がある
  • APIの互換性( HTML5版とほぼ同じコード )
  • cocos2dの機能が全て使える
  • JavaScriptの言語習得敷居が低い
  • パフォーマンスに優れている( directCanvasの10〜20倍 )
  • プロトタイプなどの試作品を作る時に便利
  • RetinaDisplay, 4inchディスプレイの解像度にも対応(特殊な環境化にも対応可能)

デメリット

  • デバッグ環境が充実していない1
  • プロファイラ環境がない
  • cocos2d jsbに正式対応したIDE環境がない
  • NativeのオブジェクトとJavaScriptのライフタイムを意識する場面がある

デバッグ環境に関しては、現時点では、コマンドラインデバッガが付属してきており、簡単なブレークポイント、変数のウォッチに相当するもの、バックトレースなどを閲覧することが可能です。また、通常の開発と異なり、アプリケーション実行時にプログラムが評価、実行されるためビルドが不要な分、トライアンドエラーが非常に高速なのが特徴です。

情報交流の場(日本人向け)

最後にcocos2dに関する筆者が運営する日本語メインのコミュニティを紹介します。

twitter

@cocos2dfan_jp

日本語でcocos2dに関する情報やアプリケーションの紹介などを不定期に行っています。

@Seasons

筆者のtwitter。個人的なつぶやきがメインですがcocos2dや技術関連についてもツイートします。

facebook

cocos2d developers japan

facebook上における日本開発者メインによる交流の場

次回予告

駆け足でしたが、cocos2d jsbがどのようなものか理解していただけたかと思います。 次回では、cocos2d jsbの環境のインストールと実行までを解説していきます。


  1. 筆者は、cocos2d jsbのデバッグ環境として、SublimeText2上で動作するヴィジュアルデバッガを作成中です。 

Cocos2d jsb
タグ:

記事をリクエストする

関連記事

コメント