Google+ もご覧ください
ユーザーアイコン

ニュース

タブレット出荷台数は来年も続伸。PCは下落へ

タブレット出荷台数は来年も続伸。PCは下落へ

分かっていることではありますが、数値を見るとさらにそのトレンドが明確になってきますね。

Gartnerのレポートによると、タブレット出荷台数は2014年も伸びる傾向にありますが、その逆にPCは下がっていくとしています。PC出荷台数の落ち込み分をタブレットが吸収しているような形です。

抜粋グラフ
抜粋グラフ

累計の出荷台数は伸びているということは、インターネット上でサービスを提供する事業者にとっては市場の拡大を意味しますが、ハードウェア業者にとってはタブレットデバイスの方が安価であり、かつ他社との差別化も難しいとあって困難な状況が予想されます。

Windows 8.1が伸びればキーボードを繋いだりしてデスクトップ並に使える訳ですが、Android/iPadは全く異なる視点から考えなければならないのが辛いところです。実際、オフィスでのタブレット導入が進めばWindows 8.1のシェアはもっと伸びていくと思われますが。

Gartner Says Worldwide PC, Tablet and Mobile Phone Shipments to Grow 4.5 Percent in 2013 as Lower-Priced Devices Drive Growth

Tablet
タグ:

記事をリクエストする

関連記事

コメント