Google+ もご覧ください
ユーザーアイコン

ニュース

2013年9月の国内スマートフォン契約数は5,000万を突破

2013年9月の国内スマートフォン契約数は5,000万を突破

MM総研によるスマートフォン市場規模に関するレポートが発表されました。主なトピックを挙げると、

  • 2013年度スマートフォン出荷台数は前年度比0.6%増の2,990万台
  • 2013年9月末のスマートフォン契約数は5,015万件
  • 契約内訳はAndroid(63.0%)、iPhone(35.6%)、その他(1.4%)
  • 携帯電話端末に占めるスマートフォン契約数比率は42.2%。半年前より4.9%上昇

携帯電話出荷台数推移(MM総研レポートより)
携帯電話出荷台数推移(MM総研レポートより)

今後、スマートフォンの率はさらに上昇傾向にあり、2015年3月末には半数を越える見込みです。とは言え出荷台数全体では4,000万台で頭打ちになると見られ、今後はスマートフォンへのシフト全体が鈍化、さらに買い替えサイクルの長期化が問題になってきそうです。

ハードウェアの出荷台数が飽和しつつあるということは、今後の差別化はソフトウェア、サービスレイヤーに移ってくると言えるでしょう。

携帯電話契約数推移(MM総研レポートより)
携帯電話契約数推移(MM総研レポートより)

スマートフォン市場規模の推移・予測(2013年10月) - 株式会社 MM総研

1381303881 3

記事をリクエストする

関連記事

コメント