Google+ もご覧ください
ユーザーアイコン

ピックアップ

Mobile Backend Starter - iOSにも対応したGoogle製モバイルバックエンドサービス

Mobile Backend Starter - iOSにも対応したGoogle製モバイルバックエンドサービス

最近度々話題にあがっているモバイル向けバックエンドサービス。2013年04月にはFacebookがParseを買収しました。さらに日本ではニフティクラウド mobile backendがリリースされています。そして今回、GoogleがGoogle App Engineを利用したモバイルバックエンドサービスをiOSにも対応させました。今回はそのGoogleのサービスMobile Backend Starterについて紹介します。

Mobile Backend StarterではiOS/Android/GAE for Javaのサンプルコードが提供されています。Google App Engineでサンプルアプリケーションを立ち上げ、OAuthクライアントの設定を行って利用できます。

デプロイ中
デプロイ中

提供される機能は以下の通りです。

  • iOS/Androidのクライアントライブラリでサーバサイドのサービスをコントロール
  • クラウドデータベース(数百万のオブジェクトがストア可能)
  • プッシュ通知(APNおよびGoogle Cloud Messagingに対応)
  • イベント駆動開発
  • ユーザ認証
  • オブジェクト単位のアクセス権限
  • App Engineによるスケール

サンプルのゲストブック
サンプルのゲストブック

バックエンドはいつもと変わらずGoogle App Engineのものが使えますので、管理系は問題なさそうです。Mobile Backend Starterを使うことで、より簡単にマルチデバイス間のデータ連携や、クラウドを使ったデータ保存、プッシュ通知といった仕組みがサーバサイドのコーディングレスで使えるようになりそうです。

Mobile Backend Starter - Google Cloud Platform — Google Developers

Google cloud

記事をリクエストする

関連記事

コメント