Google+ もご覧ください
ユーザーアイコン

ピックアップ

WURFL.js - ブラウザの環境をサーバサイドで判定

WURFL.js - ブラウザの環境をサーバサイドで判定

JavaScriptでスマートフォン向けのサイトを開発している際に良く引っかかるのがそのブラウザの判定です。デスクトップかスマートフォンかに加えて、iOSであればRetinaなのかやAndroidのバージョンなども判断に使わなければなりません。

そんな面倒な処理判定を一手に行ってくれるのがWURFL.jsです。

WURFL.jsの使い方

使い方は簡単で、下記のコードをHTMLに書くだけです。

<script type='text/javascript' src="http://wurfljs.com/wurfl.js"></script>

これで準備は完了で、読み込みが終わっていると次のような判断ができるようになります。

if(WURFL.is_mobile){
    //dostuff();
}

デスクトップやAndroidデバイスから上記JavaScriptを読み込むととてもシンプルな内容になっています。

{"complete_device_name":"generic web browser","is_mobile":false,"form_factor":"Desktop"}

つまりブラウザ名やモバイルかどうか、デバイスの種類を定義しています。なおiPhoneから見るとかなり細かいです。これは解像度などによるデバイス判定を行っているためと思われます。

iPhoneの場合
iPhoneの場合

デスクトップの場合
デスクトップの場合

デバイスの種類は次のようになっています。

  • Desktop
  • App
  • Tablet
  • Smartphone
  • Feature Phone
  • Smart-TV
  • Robot
  • Other non-Mobile
  • Other Mobile

WURFL.jsはサーバサイドでブラウザの判別を行い、その結果をJavaScriptで渡している形です。スマートフォンやタブレットが種類を多様化している現在、WURFL.jsのように判定を一手に引き受けてくれるライブラリは需要がありそうです。

WURFL.js - Client Side, meet Server Side

Catch

記事をリクエストする

関連記事

コメント