Google+ もご覧ください
ユーザーアイコン

ソフトウェア

AppGyver Composer - コーディングレス!Webブラウザ上でD&Dによるアプリ作成

AppGyver Composer - コーディングレス!Webブラウザ上でD&Dによるアプリ作成

Web技術を使ってスマートフォンアプリを作ってみたいという願望は根強く存在します。今、最もそれが手軽に実現できるのはPhoneGap(Cordova)でしょう。完全ネイティブには敵わないものの、HTML5によって多彩な機能を実装したアプリが開発できます。 そのPhoneGapをラッピングして実装されているスマートフォンアプリ開発フレームワークがAppGyver Steroidsです。そしてさらにAppGyver Composerを使えばWebブラウザ上でさくさくとアプリ開発ができてしまいます。

AppGyver Composerの使い方

ユーザ登録は無料でできます。ログインするとプロジェクト一覧が出ますので、最初のプロジェクトを作成しましょう。

プロジェクト作成時にはカラーテーマを作成します。

ここからが本番です。左側にコンポーネント、中央にスマートフォンのガワが表示されています。

適当にパーツをドロップします。右側がプロパティになりますので、ラベルを変更したりできます。

アクションをつける

AppGyver Composerの面白い点として、Web上でイベントを設定できることが挙げられます。イベントを設定したいコンポーネントを選んで、インタラクションを表示します。

イベントは多彩に設定できます。カメラを起動したり、データを取得/保存したりできます。JavaScriptを埋め込むこともできます。

実機プレビュー

作り終わったら実機で動作確認をしてみましょう。AppGyver Scannerというアプリを使って読み込みができます。

このQRコードをアプリで読み込むと自動的にコンテンツがダウンロードされて動作確認ができます。

ダウンロード

作成したコードはダウンロードできます。

AppGyver Steroidsのプロジェクトとしてダウンロードできます。後はより細かくカスタマイズしてアプリを作れるはずです。


AppGyver ComposerはWeb上でスライド表示やカメラ起動などの様々なアニメーションも設定できますのでプロトタイプなどはさくさくと簡単に作れるのではないでしょうか。コーディングレスでほぼアプリが完成してしまう、面白いツールです。

AppGyver Composer

記事をリクエストする

関連記事

コメント